クマの寝床

かつて敗者だった人と、これから敗者となる人に捧ぐ

時間

過去とは存在しているのか?

僕の過去が僕の未来を食い尽くしていく。

膨れあがる筈の過去を思っても、
その大きさは実感出来ない。

じゃあ一体、僕の未来はどこに行くんだ?



確かなことは、未来が全て過去になっても、僕には今が残っている。